トップページへ
Home サイトマップ
ブロック長ご挨拶 提供調査紹介 活動紹介 個人情報保護方針

調停とは
裁判官のほかに一般市民から選ばれた調停が関与し、法律を基本としながらも、実情に即した解決を図ることができる。
訴訟に比べ、手続きが簡単で費用も。
手続きが非公開制なので秘密が守られる。
成立した合意の内容を記載した調停調書は確定判決と同様の効力を持ち、これに基づき強制執行を申し立てることが可能。

離婚調停(夫婦関係調停)の続き方法

準備するもの 申立書1通
夫婦の戸籍謄本1通
離婚とともに年金分割における按(あん)分割合(分割割合)に関する調停を求める場合は,「年金分割のための情報通知書」(情報通知書の請求手続については,年金事務所(厚生年金の場合)又は各共済年金制度の窓口にお問い合わせください。)
※事案によっては,このほかの資料の提出をお願いすることがあります
収入印紙1200円
連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。)
印鑑(訂正用)
手続き先 相手方の住所地の家庭裁判所又は当事者が合意で定める家庭裁判所
夫婦関係調停申立書の書き方

下記の夫婦関係調停申込書を参考に、1枚目は提出先裁判所名・日付・氏名・住所など各項目を記入して下さい。
2枚目は、まず円満調整(離婚の意思なし)・夫婦関係解消(離婚の意思あり)から該当する項目番号に○印で囲み、該当部分に必要な項目(親権や金額など)を記入していきます。
中段の申立ての実情欄には、同居した日や別居や離婚を決意するようになった理由などを記載します。
下段の申立ての動機には、該当番号を○印で囲みます。

夫婦関係調停申込書はコチラ。(pdf)
 ※プリントアウトしてご使用下さい。
愛知県の探偵社岐阜県の興信所三重県の探偵事務所静岡県の調査会社 トップページに戻る